お母さん・・・。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2

お母さん・・・。

のとき、わたしは

お母さんに

大きく裏切られた

って思ってしまったんだった・・・。

ちょっとしたきっかけでそれを思い出し

涙がいっぱい出てきた。



お父さんとお母さん

ずっとずっと仲が悪かった

仲が良かったときなんてなかった。

お父さんはお母さんの愚痴をわたしに言う。

お母さんはお父さんの愚痴をわたしに言う。

わたしに言わないでよ

言いたいことがあるなら、直接本人に言えばいいじゃんか

そう言ってみたけれど、大してなんにも変わらなくて。

大人ってめんどくせーな

親のくせに、ろくでもないな

そう思いながら、わたしは愚痴を聞き続けた。



一度だけ、お母さんは

わたしと妹を連れて家を出ようとしたことがある。

よくは覚えていないけれど

一場面だけ、静止画で

その記憶がぼんやりと残っていて。

そのとき、わたしは

なんでこんな夜遅くに3人で出かけるんだろう、とか

どこへ行くんだろう、とか

そういったこと、何も分からなかったし

多分、お父さんとのことと結びつけて考えることも

少しもできてなかったけれど。

ただ、なんとなく

お母さん、大変そうだな・・・つらそうだな・・・

そう思った。

何も言えず、黙って一緒にいた。



あるとき、お父さんとのケンカの最中に

お母さんは包丁を手にして。

お父さんを刺すつもりだったのか、それとも

お母さん自身を刺すつもりだったのかは分からない。

けれど、その場に居合わせてしまったわたしは

「どうしよう・・・!」

「なんとかしなくちゃ」

と思って・・・でも

何をどうしたらいいのかも分からなくて

「なにしてんの!!バッカじゃないの!!?」

って、お母さんに向かって大声で怒鳴った。

テーブルの上の箸たてか何かを・・・手で払ったりもしたんだったかもしれない。

すごく怖かった。

泣いてしまいそうだった。

けれど、そんなことよりも

この状況をどうにかしなくちゃ、って。

わたしがどうにかしなくちゃ、って。



一時期、お母さんが荒れて見えた頃もあった。

急にメイクが派手になって

夜出かけていくようになって

朝まで帰ってこなくて・・・。

わたし、料理なんて少しもできないんだけど

夕飯をどうにか用意しなくちゃいけないことが出てきたりして。

お父さんは何もしやしない。

自分たちの夕飯の心配も

そんなお母さんの心配も。

なんで?

何かが変だよ・・・。



少しずつ少しずつ、お母さんは

お父さんとの離婚に向けて動き出して

わたしが高校生の頃、ようやくそれを実現させて。

2人の不仲はもう充分に見てきたから、良かった、って思った。

もう愚痴を聞かなくて済むと思って、ほっとした。

それからも、わたしは

ときどき、お父さんのところに顔を出すようにしていて

そのことをお母さんはあまりよくは思っていなかったようだけれど

・・・それでも、なんか

お父さんのところに顔を出したほうがいいような気がした。

けれど、お母さんにできるだけイヤな想いをさせないように、とも思った。



そうやってね、わたし

自分なりにはいっぱい考えてきたの

一生懸命やってきたの。

お母さんのこと、助けなくちゃ、守らなくちゃ

って思ってしまっていたの。

子供のときから

子供なのに。

それなのに・・・

あのとき

思いきり裏切られた気分だった。



そりゃあさ、誰かに寄りかかりたいときもあるでしょ。

誰でもいい、ってわけにはいかないだろうし

他に誰も思いつかなかったかもしれない、他の誰にも頼れなかったのかもしれない。

別れたって、どんなに嫌っていた相手だって

そんな風に助け合えるなら、それはいいことなのかもしれない。

そういうの、頭では

いくらだって考えることできるけど。

でも、やっぱりわたし

あのとき

ものすごく腹が立ったよ

すごく悔しかったよ

とっても悲しかったよ。

なんで、泣いてるお母さんの横に

お父さんがいるんだよ・・・・・!?

なんで、それを

わたしに見える範囲でやるんだよ・・・!!!



親なんて大バカだ。

大人なんて信用できない。

人間なんて大嫌いだ。

わたしがやって来たことなんて、なんの意味もなかった。

役立たずのわたし。

わたしの気持ちだって、どうでもいいんだし。

わたしなんて

いなくてもいいんだ。

わたしなんて

いらない・・・。



あのときや子供の頃、わたしは

気持ちをぐぐーっと抑えてしまったけれど。

ずっと抑え込んできてしまったけれど。

もっと怒って良かったんだ、と、もっと悲しんで良かったんだ、と

最近になってようやく、そう思えるようになってきたかなぁ。

だからね、今からでも

未完了だったその気持ちを

ちゃんと感じて、感じ切って

大丈夫なやり方でしっかりと外に出して

完了しよう、って思うよ。

その頃のわたしのために、今のわたしのために。

これまでやこれからの

自分自身と、自分とつながってくれた人、出会ってくれた人を

少しでも大事にできるようになるために。

それから

お母さんのこと

もっと理解できる自分になるために。


グリムスキーワード:食物連鎖
コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b
ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2