2013.7.5 雲の行き先 ~ 雲の夢。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2

2013.7.5 雲の行き先 ~ 雲の夢。

突然ですが(?)

あたしって、超ド近眼でして。

視力・・・0.01~0.02くらいかな

裸眼だと、ホントに目の前までしかちゃんと見えない。

なので、普段は

コンタクトレンズ(ハード)をつけています。

でも、ここ数日はメガネっ娘生活。

1週間ちょい前くらいから、左目がちくちく、ごろごろしていて・・・

あたしの場合、心の調子が悪いときに

左目がそうなる、とか、目がおかしくなることがあるので

最初は、今回もそれかな、と思っていたのだけれど

いつもと違って、なかなか治らない、

何日経っても、ちくちく、ごろごろ。

と、そこで

以前、左目ちくちくのときに

「気持ち、心とも関係あるのかもしれないけれど

 そうじゃない可能性もあるのだから、お医者さんへ」

と言ってくれた方がいて

そのことを思い出したあたし。

それで

「そうだよ、今回長引いているし、決め付けたりしないで

 ちゃんと診てもらってこよう。そうしよう」

そう思うことができて

ちょうど、コンタクトレンズの定期検査の時期でもあるし、と

先日、診てもらってきました。

そうしたら、左のコンタクトレンズに傷がついていて

その傷の影響で目のほうにも少し傷がついてしまっている、炎症を起こしている

とのことで

(コンタクトを使ったことのない方はびっくりするかもしれないですが

 目にちょっと傷がついてしまう、ということ、たまにあります)

しばらく(2~3日くらい、治るまで)コンタクトレンズはお休み、定期検査もまた今度、

2種類の目薬を出しますね、ってことになりました。

ふぅ。

「お医者さんへ」って、以前、声をかけてくれたその方に、改めて

「ありがとう」

と思っているところです。



さて、今回はまた

ピアノ(「雲の行き先」)と歌ピ(←歌+ピアノ「雲の夢」)を

載せてみようと思うのですが

その前に

今日はなんの話をしちゃおうかな、と考えていて・・・

ピアノに関係のある話をしてみようかな、なんて思いました。

ピアノに関係ある、って言っても、音楽とはほとんど関係のない話だし

気楽に読んでいただけたら、楽しんでいただけたら

とても嬉しく思います。



何をするのでも、そこに

自分の性格、性質がよく表れる、みたいなことってあると思うのですが・・・

ピアノの、演奏そのもの以外の部分でも

自分のそれを感じる、ということがあって

子どもの頃のあたしにこんなエピソードが・・・。

(うまく書けるかどうか分からないけど、書いてみる♪)



① 負けず嫌い、気性が荒い

自分の記憶にはないけれど、3歳のときに

「ピアノをやりたい」

と言い出したようで、ピアノ教室へ通い始めたあたし。

やめる前のあたり(中学生の頃)とかはもう、ぜんっぜん練習しなくて

先生に叱られてばかりいたけど(笑)

最初の頃は・・・短時間であったとはいえ、毎日のように

ピアノを弾いてたんじゃなかったかなぁ・・・。

で、あれこれ楽譜を練習していくわけなのですが

当たり前のことだけど

いきなりは弾けない。

練習しなけりゃ、弾けるようにはならない。

弾けるようになるまでには時間がかかる。

ので、練習しているときに、当然ながら

思うように弾けなくて、うまく弾けなくて

イライラすることもある。いくらでもある。

でね・・・これ、みんながそうかどうかは分からないのですが

思うように弾けなくてイライラしてくると、あたしは

楽譜に八つ当たりすることがありました・・・よくあった(汗)。

楽譜は全く悪くなくて、自分がもっと練習するしかないんだけれど

「あ~~~っ、もうっ!!」

って思ったあたしに

黙って(?)八つ当たりを受けることになるかわいそうな楽譜。

丸められたり

投げつけられたり

そんな風によれよれになりながらも、楽譜は

黙って耐えてくれて・・・。

でも、これはさすがにかわいそうだったか、と思うのは

あたし・・・

ガブっ、と

楽譜に噛みついたこともあった。。。(爆)

今はどうか分からないけど、当時

楽譜によっては、ビニールのカバーがついているものもあって

そのビニールのカバーに、あたしの歯形が

がががががっ

って・・・残ることになったのでした(笑)。

あたしに噛みつかれてしまった楽譜さん、ごめんよ。



② おっちょこちょい

小学生~中学生の頃は、学校で何かと

ピアノ伴奏をさせてもらうことの多かったあたし。

音楽の授業のときや、クラスのホームルームなんかのときもそうだけど

学年での歌の練習や、全校での集会やら何やらのときとかも。

で、その頃のあたしは、既に目が悪かったものの

まだコンタクトレンズは使ってなくて、メガネっ娘だったのですが

(メガネとはここで話がつながるらしい)

この“メガネ”が・・・ピアノを弾くときのあたしには

とても気になる存在(?)だったんです。

というのは、あたしって

すごく汗っかきだし

あと、鼻も高くないし(笑)

なので、よくメガネがずり落ちてしまうんです。

夏場なんかは特に。

それは、ピアノを弾いているときだって、同じわけで・・・。

それで

ちょこちょこメガネを直しながらピアノを弾く、弾きながら直す

ということになってました。

さて、あるときのこと。

あれは・・・学年での歌の練習のときだっただろうか・・・

体育館での練習、で、ピアノはステージの上にあったから

あたしだけステージの上、先生とみんなは下のほう(あの場所はなんて呼べばいいんだろ?)にいて。

先生の指揮、指示に合わせて、みんなの歌を聴きながら、ピアノ伴奏。

で、これまた、他の人はどれくらいどうなのか分からないのですが

歌の練習でピアノ伴奏をするときって、暗譜(楽譜を覚えていて、見なくても弾ける)できていても

途中で止めたり、途中から始めたりすることがいっぱいあるし

念のため的なこともあるし、で、楽譜を見られる、追える状態にはしていて

当然、その楽譜が何ページかにわたることもあるので

それが本である場合、ページをめくっていかなくちゃならない、で

その“譜めくり”という作業を・・・あたし、誰かにしてもらったことなんて、あったかなぁ・・・

少なくとも、学校ではいつも、ピアノを弾きながら自分でやっていたと思う。うん。

それで、学年で歌の練習をしていたそのときも

ピアノを弾きながら譜めくりをしていて

んでもって、さっき話してみたように

メガネのずり落ちもちょこちょこ直してて・・・。

ピアノを弾く

メガネのずり落ちを直す

ときどき楽譜のページをめくる作業も発生

ピアノ、メガネ、ピアノ、メガネ、ピアノ、譜めくり、メガネ、ピアノ・・・・。

そんなことを必死にやっていたら、あるページをめくるときに

焦っちゃって・・・勢い良すぎたようで

ばしゃ~ん!!ばたんっ!だんっ、だんっ・・・。。。

っていう音だったかどうかは忘れちゃったけど(笑)、とにかく

楽譜が

ステージの「下」まで(ステージの床ではなく、ステージの下=みんながいたほう の床まで)

飛んでった・・・落ちていった・・・(笑)。

みんなの

「あっ!!」

っていう雰囲気を感じたなぁ。

それでも変わらずピアノを弾き続けて

みんなの視覚的、聴覚的には、そんなあたしって

何も気にしていないように映ったかもしれないけれど・・・

心の中では

「うがあぁあ~っ・・・やってしまったぁ・・・恥ずかしい。。。うぅ~」

でした(笑)。

次に歌が中断するときを待って、何食わぬ顔でステージ下まで降りて

楽譜を救出してきたけれど

そんなに・・・

元気にふっとんでいかなくても良かったのにねぇ。



と、今日は、こんな

へんてこエピソードふたつにお付き合いいただき

ありがとうございました♪



昨日も楽しく、頑張って(?)、ピアノや歌で遊びました。

ピアノと歌ピ・・・今回のピアノはまた、少し長めだし

歌は相変わらずといえば相変わらず(?)、だけれど

良かったら聴いてやってくださいね。

いつも本当にありがとうございます。

(ヘッドフォンなどで聴くことをオススメします♪ )



2013.7.5 雲の行き先 (8分34秒)



2013.7.5 雲の夢 (4分9秒)


※好き勝手に弾いて、歌って、のときは、裸眼でも全く問題ないから、いいよね♪(笑)


コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b
ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2