こんなにも窮屈な考え方。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2

こんなにも窮屈な考え方。

「窮屈」というキーワードで探す過去記事の・・・って

今、ここ ↑ 書いてて、自分で苦笑いしちゃったけれど

(「キーワード」ってほどのことでも・・・とか、しかも「窮屈」だし、とかw)

でも、うん

その、ふたつめ、です。

ひとつめ ⇒ その想いに苦しみ続ける。 (2013年1月8日 の記事)

タイトルの中に「窮屈」がいる今回の記事には

「自己満足」

という言葉が出てくるのですが

読み返していて

「そういえば、自己満足ってさ・・・」

と、少しだけ考えてみたくなったあたし。

なので・・・大したことじゃないんだけど

今日もまた、ちらっと書かせてくださいね。



「自己満足」

って言葉は、否定的な意味で使われることが多いし・・・

そこから、あたしは

ひとりよがり、自分勝手、わがまま、自己中心

なんて言葉たちも連想しちゃった。

・・・やっぱり、あまり良くない言葉ばかりだなぁ。

(今回は、それぞれの言葉の意味など、辞書からひっぱってきたものも

 記事の最後にくっつけてあります)

でも、特には否定的な意味に偏らずに考えてみるとして。

「自己満足」って、ある程度は

するもの、してしまうもの、だったり、必要なものでもあるのかな、と

あたしはそんな風に感じます。

“ある程度”を超えて、どこまでも自己満足なだけだと

多分・・・自分だけは幸せ(笑)、そのときの自分は嬉しい、でも

過ぎた自分勝手やひとりよがりに発展して

周りの人をイヤな気持ちにさせたり、傷つけてしまうこともある、って思う。

逆に、少しの自己満足もできないんだとしたら

これ、あたしには

自分のことをどんな面でも、どんな部分でも

少しも認めることができない、っていうイメージで

そんな自分は・・・ちょっと気の毒な気もする、かなぁ。。。

生きていくのがとてもつらく苦しいものでありそう、そうなりそう。

そして、そうやって

「少しも自分から満足できない」

「少しも自分を認めることができない」

ということもまた、場合によっては

人に迷惑をかけることがあるかもしれないよね、って

そんなことも思ってみたり。

で、あたしは・・・

これって自己満足なだけじゃないだろうか、と悩んでみたり

自己満足なだけになってしまっていることに気付かず、気付けず

人に迷惑をかけてしまったり、ときには大切な何かを失うこともあったりして

それで、何がどうなんだかよく分からなくなったり、怖くなったり、と

そういったこと、そういったところを

飽きもせず、うろうろとしつづけていて(笑)。

昨日も今日もそうで、きっと明日もそうで

多分、ずっとこうやっていくしかないんだけど

でも、それで、なんとか

自己満足100%や0%のどちらかに偏りっぱなし、ってことを

免れているんだ、避けることができているかもしれないんだ、と

そう・・・だといいなぁ。。。

「そうなんだ」なんて、言い切ることはできやしないけれど

こう思っていること、これくらいには思っていることも、どうか

自己満足なだけではありませんように

って思います。

・・・なんか、変な話になっちゃったような。んぐぅ。



ブログのお休みをありがとうございました。

少しゆったりめに過ごすことができたり

考え事をするのに、普段よりやや多めに時間を割くことできたり。

いいお休みにできました♪



+ +


んなこともそうだけど

自己満足で終わらせない

これってなかなか難しいよなぁ、って

最近そんなことをよく考えたりする。

いや、そうやって考えすぎるから

難しくなっちゃってるだけで

実際はもっと単純、本当にシンプルだったりするのかもしれないけれど。

少なくとも今のあたしには難しいと思えたり、

出来てない、自己満足で終わってしまってるかも、と思えたり。



例えば・・・

何か頑張っていることがあるとして。

自分が頑張ってる、と認めること、これは

きっと大事なんだよね。

けれど、ただの自己満足になってしまうと

おそらくそれ以上の何かを手に入れたり、それ以上の場所に到達したり

そういうことが望めないのだと思う。

この状態って・・・

なんだか現実逃避とも似ているような。



また、こんなことではどうだろう。

いろんなヒトと関わって、やりとりをしていく中で

絶対に遭遇することだと思うんだけど・・・

相手の立場になって考えてみる、とか

相手の気持ちになって、とか

自分がそのヒトだったら、とか。

あたしね・・・それって結局は

無理な話だよなぁ、なんて思っちゃって。

自分はどこまでいっても自分、というか

相手の気持ちになって考えているつもりでも、やっぱり

それは自分でしかない、というか。

自分の立場、自分の側からしか考えること、出来ないような気がするんだ。

目の前の誰かが、過去に自分も体験したことのある

同じようなことで苦しんでいたとしても

そのヒトの苦しみはやっぱりそのヒトのモノでしかないから

「よく分かる」わけでもなければ

こうするといいよ、って具体的なアドバイスが出来るわけでもなく。

というのは、最近

母親と話す機会があってつくづく感じたことだったりはするんだけどね。



誰かに何かを伝えたい、伝えたい何かがある、と思ったときも

それが本当に「伝えたい」のか

それとも、ただ「言いたい」だけなのか。

そこもまた自己満足で終わるか、そうじゃないのかが

分かれるところのような。

なんだろう

「伝えたい」って「相手」がいてこそ思うことだから、って表現でいいかなあ

だから、その「相手」がいる状態で

「言いたい」だけになっちゃってたり

「押し付け」にしかなってなかったり

もっと言えば「自分の思い通りにしたい」気持ちが見え隠れしたり。

そうなってくると、もうそれは

親切でもなければ愛でもなく。

一見それに似たモノの押し売り、というか。

どんなにこちらが一生懸命考えた結果のコトバだったとしても・・・

それが自己満足の域を出ていないうちは

それはやっぱり、相手への気持ちではないのでは、なんて。

これもまた最近

激しく落ち込むきっかけになった出来事から

改めて思ったことだったりするけど。



相変わらずこんな風に

理屈ばかりを並べていて。

だったらじゃあ、あたしはどうするっていうのさ?って考えると

・・・う~ん、と唸ってしまうだけだったり。

とてもじゃないけど、あたし

優しい人間、とか、思いやりのある人間、とか

そんなモノにはなれそうにないよ。

もちろん「自分は冷たい人間だから」というところで

納得したくもないけれど。



(2010.12.9 12:52:59 「こんなにも窮屈な考え方。」)   +
+ +




※言葉の意味など・・・辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書 より転載

【自己満足】意味・解説
(名)スル
客観的評価に関係なく、自分自身にまたは自分の行為に自ら満足すること。

【ひとりよがり】意味・解説
(名・形動)[文]ナリ
自分ひとりだけでよいと決め込んで、他人の考えを全く聞こうとしない・こと(さま)。どくぜん。
「―に陥る」「―な態度」

【自分勝手】意味・解説
(名・形動)
〔「じぶんがって」とも〕他人のことはかまわず、自分の都合だけを考える態度。すべて自分に都合のよいように考え、振る舞うさま。
「―なことばかりする」「そんな―は許されない」

【わがまま】意味・解説
一(名・形動)[文]ナリ
(1)他人のことを考えず、自分の都合だけを考えて行動する・こと(さま)。身勝手。自分勝手。
「―をいう」「―な性格」
(2)思うとおりに贅沢をする・こと(さま)。
「金拵への大脇差、―に見ゆる所/浮世草子・織留」
二(連語)
自分の意のままであること。
「天下を―にまつりごちておはします/大鏡(道長)」

【自己中心】同義語・類語
自分中心 ・ 自己本位 ・ 自分本位 ・ 利己主義 ・ エゴイズム ・ 高慢 ・ 傲慢 ・ 思いあがり ・ 自信過剰 ・ 自信満々 ・ 視野狭窄




コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b
ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2