妹。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2

妹。

どうしてこんなタイミングで思い出したのか

考えてしまったのか・・・

あたしにもよく分からないけれど、とにかく

突然に

妹のこと、考えてしまった。

この話は多分

すごく重たい、と思います。

客観的に考えることはできないけれど、でも

やっぱり重たいんだろうなぁ、って

なんとなくは分かる・・・かな。

そして、かなり

自分勝手

だとも思います。

なので、いつも読んでくださってる方でも

無理して読まないでくださいね。

あたしはいつものように

自分の今日の気持ちとして

ここに書く、ってことをしますが

それだけ、といえば、それだけ、です。うん。

いや・・・違うんかな?

しんどくなっちゃって、ひとりで抱えきれなくなって

誰かに慰めて欲しい、とか

そんななのかなぁ?

自分でもよく分からないや。

今日は、いつもよりずっとずっと

分からない、です。



次の1月25日がやって来ると・・・

妹が死んで5年経つことになります。

あたしが・・・30歳のとき、ってことかぁ

妹が自殺したのは。

これくらいには時間が経過しているというのに

未だに自分は

妹のこと、少しも分かってない、って思うし

妹に対して嫉妬してる、って思う。

嫉妬心なんてあったら

妹のことを理解することも

理解したい、って気持ちを持つことも

・・・そっか、そこからもう

無理があるのかもしれないなぁ。

今、こんな風に

いろんな人と仲良くさせてもらってて

日々、素直な気持ちを書いてみてるようで

一生懸命自分と向き合っているようで

感謝されることもあったりで。

だけど、あたし

妹のこと

こんなに分かってないし

未だに嫉妬、だなんて。

こんなに・・・こんなに醜くて

あたし、なんなんだ?

どこまでくだらないんだ?って

そんな風に思ったら、なんだか

止まらなくなっちゃって(苦笑)。

今の自分のこと、きっと妹は見ててくれてる、とか

なんか・・・そういったことも

あまり信じないタイプ(?)だし。



子どもの頃、あたしは

優等生でいなくちゃいけない、って

なんでも人より上じゃなきゃいけない、って

そうじゃなきゃ自分で自分を許せなかったり

そうじゃなきゃ周りに受け入れてもらえない、

そう思ってました(多分)。

そんなあたしにとって、妹の存在は

“脅威”

だった。

一番身近にいた

自分を脅かす存在。

あたしよりかわいくて

あたしよりスタイル良くて

あたしより頭良くて

あたしよりなんでも器用にこなして

あたしより優しくて

あたしより芯が強くて

あたしより繊細で

あたしより親に対して甘え上手で

あたしより・・・

あたしより・・・

あたしが欲しい、って思ってるもの

なんでも持ってるようで

なんでも持っていってしまうようで

あたし

妹を憎んでたと思う。

それで、過剰にいじめてしまっていたし

妹が学校へ行けなくなったときや

強迫症状がみられるようになったときには

「恥ずかしい」

「情けない」

って思うばかりで

少しも理解しようとしなかった。

そんなあたしのこと・・・妹も

好きだったはずない、

そう思う。

妹が死んだとき

母は妹の写真ばかり眺めてて

妹の話ばかりしてて

その後も

無理して明るく振る舞ってて

だけど、具合悪くなって・・・。

そういうのって、多分

当たり前にあることなんだろうけれど

でも、あたしにとっては

どれもこれもいちいち腹が立ったし

そんな風にして結局

妹が死んでからも、今でも

妹に対して嫉妬してる、っていうありさまで・・・。

自分の醜さもここまで来ると

救いようがない感じも。



死んでしまった相手に

未だに嫉妬、だなんて。

こんなに醜い感情を持って

それでもあたし、こんな風に生きてる、なんて。

相手(妹)と話せないのだし

自分でちゃんとその感情と向き合って

そんな自分を認めて、許して

それから自分を癒して

そしてまた前へ、って

そうするしかないのに

あたしは・・・妹のことに関しては

少しも何もできてない気がします。

このことに関して親と話してみる、ということもまた

今のあたしにはできないことだし。

なんていうんだろう

一時的に素直に、穏やかな気持ちになれたように感じることもあれば

こんな風に激しくぐるぐるしちゃうときもあったり

多分・・・まだまだこの先も

こんな風に生きてくのかなぁ

それでも生きていくんだよなぁ、って

そんな風に思ってます。

無理に自分の中で完結させるような話、とか

それもまたちょっと違うような気もするし。

だから

穏やかな気持ちになったり、激しく揺れたり苦しんだり

モヤモヤを抱えたまま

それでも

少しでもこう・・・。

自分のこと

そこそこちゃんとやっていこうかな。

自分のことで後悔するような

そんな余裕もなさそうだし(笑)。



あたし、ワケの分からないこと書きまくって

勝手に

ふぅ~っ

ってなった気がするなぁ(汗)。

あ。でも・・・そうだな

来週の仕事が始まる前に

まだ明日1日休みがあるうちに

こんな風に書き出せたから

それは良かったのかもしれない、って

そう考えるのもいいかもしれませんね(笑)。



コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b
ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2