過去は過去。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去は過去。

んだか、うまくいかないなぁ

いつからこうなっちゃったんだろう?

以前と同じようにできない・・・

以前と同じようにいかない・・・

以前と同じように楽しめない・・・

そういったときに

元に戻りたい、元に戻したい、なんて

そんな風に思う必要はないんだ。

元に戻れないことだってあるだろうし

元に戻ることがいいことかどうかも分からない。

むしろ、“元に戻る”ことにこだわり過ぎて

それが目的みたいになっちゃって

本当は何が大事なことだったんだか、分からなくなって

ますます抜け出せなくなってみたり。



以前はうまくいってた、そのやり方で

今もうまくいくとは限らなくて。

以前と同じことを、同じように

やってみたって、やれたとしたって

そのときと同じ何かが手に入るわけでもなかったり。

時間は経過するし、物事は変化する、

自分のあれこれだって、変わっていくんだもんね。

大事なのは、“元に戻る”ことじゃなくて

そのときそのときの自分に合った

やり方、だったり、気持ちの色、みたいなことだったり

そういったものを見付ける、選ぶ、

そういうことなんかな、って。

「楽しい」という気持ちの色だって

ずっと同じとは限らないし、同じでなくていい・・・

そんな風に思ってさ。



変化すること、新しいやり方を試すことは

とても不安だったり、苦しかったり。

うまくいかなくても“元”に、過去にしがみついているほうが

安心、かもしれないね。

でも、それだと

きっと

自分の欲しいもの、行きたいとこ

そこに近付くこともないんだろうなぁ。

あたし、けっこう

欲張り、なんだよね。

欲しいものは欲しい(笑)。

とすると、やっぱり

いつまでも

未来に過去を夢見てる場合じゃないなぁ、なんて。



今のあたしには

どんなやり方が

どんな色が

一番合うんだろう?

探しながら、その間にも変化したりして

そうして、ずっとずっと

探し続けていくのかもしれないね。




コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b