優しさ。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2

優しさ。

分が優しいかどうか、って

 自分で決めたり評価するようなことじゃないよ。」

以前、キミも

そんなようなことを言ってたっけ。

そうだね

ホント、そうだね。

「優しい」とか「優しくない」とかは

相手がそう思うかどうか、ということだなぁ、って

自分で言うことじゃないなぁ、って

あたしも最近、よく

そんなことを思う。



相手に優しくあろうと

いっぱい考えて、すごく頑張ったとしても

相手がそれを「優しい」と受け取るかどうかは分からない。

イヤな想いをさせてしまったり、傷つけてしまうことさえあったりする。

逆に、特に優しくしているつもりはなくたって

相手から感謝されることもあったり、ね。

自分なりの、相手への一生懸命であっても

いつも、全部を

みんなみんなに

「ありがとう」って受け取ってもらう、なんてことは

どうしたって難しいんだよね。

人それぞれ、自分のフィルタを通して

自分の価値観のもと

物事を捉える、受け取る。

どれが良くて、どれが悪い、とか

何が正しくて、何が間違ってる、とか

そういうこととは違うんだもんね。



あたしは誰にも、特に

優しくしているつもりはないし

そもそも「優しくする」が、よく分からない。

んで、自分では自分のこと

やっぱり

冷たい人間だなぁ、って思いたいみたい(笑)。

だけど、こんなあたしのことを

優しいと思ってくれたり、ありがとうって言ってくれる人もいて

あたしは、そう思ってくれる人に

本当にありがとう、と思う。

そのときのその人が、あたしのことを

優しい、って思ってくれるから

だから、その瞬間のそこでは、あたし

優しい人、として存在することができるんだもんね。



キミも、あたしのこと

優しいって言ってくれるよね。

とても嬉しい、とてもありがたい。

あたしも、キミって

少なくともあたしにとっては

すごく優しい、と感じるよ?

特に優しくしているとも思わない、というところは

同じようだけれど(笑)。



なんだろなぁ。

こんな感じのこと、こんな風な気持ち

いつも持っていられたら、ずっと忘れないでいられたら

人が好きになれず、人付き合いが苦手なあたしでも

もう少し・・・ほんの少しだけでも

人と近付くことができる、なんてこともあるのかなぁ?

今のこの、ちょっとあったかい感じのやつ

なんだか嬉しい、と感じている自分がいるみたいだから。




コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b
ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2