期待ってやつ。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2

期待ってやつ。

を期待して、というつもりもなく。

それでも、全く期待がないわけじゃなくて

どうしてもちょっとだけは持ってしまう分くらいの期待と

あとは

そうしたい、と思ったことをそうしたし

思ったことを伝えたくなっただけ、話してみただけ

あたし、そういうことだったと思う。

・・・これだと、なんか

カッコつけちゃってるかなぁ?(笑)

でも、だから

繰り返し言われたその「ありがとう」に

少し驚いて、それから

それ以外は

ただただ素直に嬉しくて。

良かった・・・

嬉しいな・・・

そうやって、あったかくて幸せなやつ

あたしの中にふわ~っとふくらんで

いっぱいに広がって、あふれて。

そうしたら、じわっと涙が出てきて

何度も出てきて

いくらでも泣けそうな感じだった。



だけど

この「ありがとう」、この嬉しい気持ち

追いかけたりしがみついたりはしない

それがいいよね、きっと。

それが欲しい、と

それを求め始めて

見返り、なんてこととして考え出すと

途端におかしなことになってしまう。

あなたのために、キミのために、と

気持ち、一方的に押し付けては

勝手に満足して

相手の心がすっかり見えなくなってしまっていること

ちっとも見えていないことに

少しも気付かないまま、気付けないまま

自分の支えにしてみたり。

一時的なもの、ほんのわずかな時間しかもたない

そんな、脆い脆い支え、にね。



「ありがとう」って言われたくて

そうして幸せ気分に浸りたくて

自分の中の自分の価値を上げたくて。

そんなことからの言動って

何か・・・いや~な感じの何かが

意外と相手にストレートに伝わったりして

負担、という色になってしまったり。

「ありがとう」を手に入れることができず

不満に思ってしまう自分、なんてことも。

そして、そういったことを

なんとなくでも自覚できてしまうときは

それはそれで、妙に苛立ってしまったり

自分から不安、落ち込みへ飛び込んでみたり。

そのあたりから、今度は

おかしな「ありがとう」と不要な「ごめんね」を

何度も何度も言ってみる。

言えば言うほど不安になるのに、落ち込むのに

そのこと、分かっているのに

それでも何度も言わずにはいられなくなる。



こうなっちゃうと

その中で勝手に苦しみながらも軌道修正

なんてことはできないあたしだから

しばらく離れるしかないみたい。

なんとしてでもそこから離れて、頑張って離れて

自分が落ち着くまではどんなに時間がかかっても戻らない

そうしないとダメみたいだ。

淋しいけれど、つらいけれど

だけど、気持ちが落ち着けば

「ごめん」は一度でいいはずだし

本当に感謝していることを心から「ありがとう」って

そう言えるような気がしているよ。

そうして、また

期待しないところで

心地よい関係であればいいね。



今は、あたし

そこそこ落ち着いてる、って思う

ほどほどに元気だ、とも思う。

だけど、そんな風に

おかしなことになっちゃう、なんてのは

いつだってあっという間のあたし、であるから・・・

今のうちに、こうして

思ったこと

キミに聞いておいてもらうことにしたよ。

でね

あたしが「おかしなこと」になっちゃったときは

悪いけど、いつも迷惑かけるけれど

「しょうがない奴だなぁ」

って、また

どうか助けてやってね。

頼りにしてるし

このことは期待してるかも(笑)。




コメントは承認制とさせていただいています。
公開までしばらくお待ちくださいね(*・ω・人
なお、公開を希望されない場合は
タイトル「非公開」にて送信してください(°∀°)b
ぱちぱち♪ → web拍手 by FC2