叫び。|たとえばこんな不器用な雲。 忍者ブログ

たとえばこんな不器用な雲。

今、わたしの心模様...素直はなかなかムズカシイ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

叫び。

たし、ここにいるよ”

“いつも一緒にいる、って思ってるよ”

そんな言葉を口にしてみるあたしだけれど。

相手に安心してもらいたいから、とか、そんなんじゃなくて

本当は、本当は

自分が淋しいから

不安でたまらないから

怖くてしょうがないから。

だから

「あたし、ここだよ!ちゃんと見てて!!」

そうやって叫んでるだけなんだ、

押し付けてるだけなんだよ。



見ていてくれる人がちゃんといる、

あたしのこと、理解してくれる人がいる、

そう実感できて、ようやく

あたしは元気でいられる

笑っていられる

なんとか頑張れる。

ただそれだけ

それだけだから。

勝手な思い込みでもなんでも

ちょっと孤独を感じてしまえば

すぐに動けなくなっちゃったり。

あたしはそんなダメな奴、

いつだって、こんなにも

自分中心だし。



誰にも思い浮かべてもらえない、とか

思い出してもらえない、とか。

誰の記憶にもとどまらないあたし、とでもいうのか

そういうの、想像して怖くなることが

たびたびあって。

自分が見ている、聞いている

この世界は

本当にここにあるんだろうか、

あたし、本当に

ここにいるんだろうか?なぁんて

ちょくちょくそんなこと考えてたりするあたしは

誰の記憶にもとどまらない自分、なんて想像してしまったら

あまりにも・・・

怖すぎるよ。



なんか怖いんだ、本当に。

あたし、どうなるのかなぁ?

どうなるわけでもないんだろうけれど(笑)。



なんか怖い、だから

もっともっと

いっぱい歌って、声の通り道をたどってみること、とか

いっぱい動いて、汗が流れ落ちていくこと、とか

そんなことだけど

そんなことで

あたし、ちゃんとここにいるんだ、って

今日も明日も、自分を確認して

少しでも安心させて

ときどき休んでみることはあっても

完全に足を止めてしまうことをしないように・・・。

そんなで、あたし

また、なんとかやっていくね、

寄り添ってくれる人に

“ありがとう”の意味でも。